NMNまとめコラム

末永く健康的に過ごすために、NMNサプリメント習慣はじめませんか?

NMNとはニコチンアミドモノヌクレオチドの略称で、食物の中に含まれるビタミンB3から作られるものであり、体内でNADに変換されます。
近年の研究では、年齢を重ねるにつれ各臓器内のNADが減少することが判明しています。

さらにNADの元となるNMN自体も加齢により体内で組成される量が減少していくことも分かっています。
NADは健康維持に欠かせない物質の1つであるからこそ、何らかの方法でNMNを補うのが理想です。

NMNは、枝豆やアボカド、キュウリなどにも含まれていますが、効率よく摂取するならばサプリメントがオススメです。
NMNを多く含むと言われているこれらの食品でも、その含有量はサプリメントなどに比べるとごく微量なのです。

効率的で手軽に飲めるサプリメントこそ、NMNを継続して安定的に取り入れるのに適した形ではないでしょうか。
合わせて日々の生活の見直しも健康的に過ごすには重要なポイントです。

糖質やたんぱく質、脂質や各種ミネラル、ビタミンをバランスよく摂取したり、適度な運動を行ったりすることが健康に良い影響を与えることは皆さんご存じのことと思います。

より健康的な日々を過ごすには、サプリメントだけに頼るのではなく生活習慣の改善も合わせて行うことが理想的です。

末永く健康的に過ごすために、毎日の習慣としてNMNサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む
2020年3月31日の食薬区分改正で注目すべき成分は「テフ」、そして「NMN」

厚生労働省は昨年の2020年3月31日付で、各都道府県をはじめとする関係各所へ「食薬区分における成分本質(原材料)の取り扱いの例示」との通知を行いました。

この改正では、「エンベリア(果実)」「カイコウズ(全草)」「カンレンボク(全草)」「クジチョウ(全草)」などの植物由来物等の11の成分本質(原材料)が、「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」に加えられました。

また、「テフ(果実)」「ヒルガオ(地上部)」「ニコチンアミドリボシドクロライド(NR)」「β-ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)」の4つの成分本質(原材料)が、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」に追加されています。

中でも注目すべきはやはり「テフ」と「NMN」の2つです。
この改正により、テフとNMNに関する製品は日本国内でのさらなる展開が期待されることになりました。

テフは元々、エチオピア周辺等ごく限られた地域で食べられている穀物でしたが、現在では欧米をはじめ世界の様々な国でスーパーフードとして広まっています。
GI値が低く、グルテンフリーで栄養価が高いだけでなく、たんぱく質やミネラル・ビタミン類等も多く含んでいるのがその理由です。

日本では2016年頃より徐々に話題に上がるようになりました。
このテフを摂取する場合、食材として使用し食事の中で摂るのが基本です。
テフを使用するエチオピアの食事、クレープのような料理「インジェラ」をはじめ、他の穀物粉と混ぜて焼き菓子や揚げ物等として食べることもできます。

そしてNMNはビタミンB3郡の中に含まれるβニコチンアミドモノヌクレオチドという物質であり、もともとあらゆる生物の細胞に存在しています。
体内で自然に組成する物質ですが、加齢に伴い体内でNMNの生産能力が減退する傾向にあることから、意識的にNMNを摂取する必要があるのです。

NMNを取り入れる場合、サプリメントとして摂取する、もしくはコスメとして肌に塗る、点滴などの方法がありますが、やはり一番手軽なのはサプリメントとしての経口摂取か化粧品としての使用でしょう。

NMNに関しては近年さらに研究が進み、いろいろな事が分かってきました。
やはり今年注目される健康食品分野では、NMNがその筆頭と言っても過言ではないはずです。

特に「慶応義塾大学医学部」より発表されるプレスリリースはNMNの研究の中でもより注目を集めています。
新しい情報が随時更新されていますので、最新の研究を知りたい方は、ぜひそちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む
NMNとNADにまつわる研究

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は人間の体内でNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)に変化する物質です。

NADはアーサー・ハーデン氏によって1906年に発見されました。多くの生物の体内に存在している補酵素の一種で、酸化還元反応において中心的役割を果たしています。なおアーサー・ハーデン氏はイギリスの化学者であり、糖類の発酵に関する研究の業績が認められ、1926年にノーベル化学賞を受賞したことでも知られています。

2000年にはレオナルド・ガレンテ氏と今井眞一郎氏によるサーチュインに関する論文が発表されました。サーチュインという遺伝子が活性化することで健康維持に繋がる可能性があり、そしてNADこそがサーチュインに影響する物質であるというのです。

体内のNADは加齢により減少するという性質を持っています。ですがNADをそのままの形で摂取しても、細胞へ取り込まれにくいことが判明しています。そこで今井氏が着目したのが、NADの生化学的前駆体であるNMNです。

NMNというのは、生物の体内で元々作られている他、身近な食材に含まれている物質の一種でもあります。そしてNMNを食事という形で経口摂取することで、体内にて組織に移行しNADに変換されやすいことが分かっています。NMNは果物や野菜、特にアボカドや枝豆等に多く含まれているものの、加齢とともに体内での合成量が落ちることから、食事だけで必要量をカバーするのが難しくなっていくのではないかと今井氏は考えているようです。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

最新の研究によって、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)にまつわる様々なことが明らかになっています。

過去に行われた動物を使う研究でも、NMN投与で各臓器のNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が増加することや、増加の影響により健康の維持が期待できることが判明していました。

だからといって、すぐに人間に投与できるわけではありません。人間に投与した際も同じような効果が出るのか、また何らかの副作用が出る可能性はないのかを詳しく調べる等の各段階を踏む必要があります。

2020年1月に慶應義塾大学医学部内科学教室の研究グループが臨床研究を行い、「NMNは健康なヒトに安全に投与できることが明らかになった」と発表しました。

臨床研究は健康な男性10人を対象にNMNを投与する形で行われました。結果、脈拍や血圧や臓器には基準を超える変化は見られず、また睡眠や視力にも問題はなかったこと等が分かりました。

この研究はNMNの安全性を証明する大きな一歩だったといえます。これを受け、今後はさらに活用の道が広がるのではないでしょうか。

NMNのサプリメントなら、健康食品・化粧品の株式会社CloudNineのTOPへ戻る

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

誰しも年齢を重ねていくものですが、多くの方はできることなら少しでも健康を保ちつつ歳を取りたいと願っていることでしょう。そういった需要を受け国内海外問わず多数の企業や機関にて、健康維持やエイジング関連の研究が行われています。

そしてNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)もまた注目されている物質の一つです。
近年では解明が進み、本来は私たちの体の細胞の中にも存在することや、加齢とともに減少することをはじめ様々なことが最新の研究で分かってきました。

2020年3月には厚生労働省が、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」(非医薬品リスト)にNMNを追加しました。
これによりさらにNMN関連製品が広まりやすくなるのではないかという見方もあります。

本来NMNは、私たちの体や身近な食品に含まれていることもあり、サプリメントとして健康食品や肌に直接塗る化粧品として販売されはじめています。

NMNを配合した健康食品としては、主に粉末状タイプや粒状タイプのサプリメントが一般的です。そしてNMN配合化粧品の場合は、肌へ直接塗って使用する化粧水やクリームや美容液が知られています。さらに研究や各メーカーによる製品開発が進めば、さらなる高品質な製品が生み出されていくことでしょう。

国によっては既に広く普及しているともいえるNMNですが、日本ではメディアやインフルエンサーなどの紹介もあり以前に比べるとよく知られる存在にはなりました。
しかし、まだ多くの人が知っていると言えるまでにはなっていません。
今後、さらに認知度が向上することで、NMN関連商品はさらに広く流通していくことでしょう。

NMNのサプリメントなら、健康食品・化粧品の株式会社CloudNineのTOPへ戻る

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

健康や美容に良いとされる成分には実に多くの種類があります。中でもメディアで取り上げられた成分は特に注目されやすく、関連商品も人気になる傾向があります。

その1つがNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)です。
これまで新聞や雑誌、ネットニュースなど、数多くのメディアで紹介されてきた成分であり、特に2015年に日本国内のテレビ番組で最新研究が詳しく紹介されたことが、NMNについて広く知られるきっかけになったと言えるでしょう。

テレビ番組では、医療・ビジネス・娯楽等の分野で登場している新技術紹介の他、新たな技術が人々の暮らしにどのような影響を与える可能性があるのか探ることをテーマに、世界で活躍する科学者等へ実際に取材して得た情報に加え、その研究を裏付けにしたドラマも放送されました。
NMNが紹介されたのは、その番組の第2回です。

2015年1月4日に初回が放送されただけでなく、その後何度も再放送が行われ、現在ではオンライン配信でも視聴可能となっていることから、ご覧になったことがある方も少なくないのではないでしょうか。

今後もNMNに関する最新の情報が出てきましたら、皆さまにお伝えしていきたいと思います。

NMNのサプリメントなら、健康食品・化粧品の株式会社CloudNineのTOPへ戻る

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

「NMN」と呼ばれるニコチンアミドモノヌクレオチドは、近年世界で注目を集めています。その理由を見ていきましょう。

NMNは身近な食材の中ではトマトやアボカドなどにも含まれている物質で、体内でもビタミンB3やニコチンアミドを材料とし合成されています。人間だけでなくあらゆる生物の細胞の中に存在しているのですが、特に哺乳類に属する生物の場合、年齢を重ねていくにつれ自ら生成するのが難しくなる傾向にあります。

現在アメリカや中国をはじめとする世界の様々な国において、NMNは日常で気軽に摂取しやすいサプリメントという形で流通しています。世界的な健康志向の高まりからサプリメントをはじめとするいわゆる健康食品の市場は拡大傾向にあり、NMNも例外ではありません。

日本では、テレビにてNMNが取り上げられたことや、有名な実業家がNMNサプリメントを愛用していると発言したことで話題となり、最近では認知度も向上したと言えるでしょう。

2020年3月には厚生労働省により行われた食薬区分法の改正にて、NMNは「医薬品的効能効果を標榜しない限り専ら医薬品と判断しない成分本質」として非医薬品リストに追加されたことから、NMNをサプリメントとして健康維持に役立てたい方を中心に飲み始めた人が増えているようです。

今後も様々な企業からNMNサプリメントが発売され、日本国内でもさらに注目されていくのではないでしょうか。

NMNのサプリメントなら、健康食品・化粧品の株式会社CloudNineのTOPへ戻る

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む
Pマーク 株式会社CloudNineは、プライバシーマーク制度に基づき、 個人情報を厳重に管理しています。

NMNのサプリメントなら、
健康食品・化粧品の
株式会社CloudNineのTOPへ戻る