NMNまとめコラム

季節の変わり目は、心も身体もゆらぎやすい時期です。

「肌がくすみやすくなった」「なんとなく疲れやすく調子が出ない」と感じる方も多いのではないでしょうか。

そんなときはインナーケアに注目してみましょう。

この記事では、インナーケアとスキンケアの違いと、インナーケアで心掛けたいポイントについて紹介します。

インナーケアとスキンケアの違い

スキンケアは肌の外側からのアプローチです。

化粧品を用いて、直接肌に潤いを与えたり、しわやくすみを目立たなくさせたりすることで、見た目を綺麗に整えます。

インナーケアは、スキンケアだけでは届かない肌の深い部分へアプローチし、根本から美肌を目指す方法です。

主に質のいい睡眠や適度な運動、バランスが良い食事を通して、肌に必要な栄養を供給し、肌のハリと弾力を高めます。

インナーケアとスキンケアは互いに補完し合う関係にあり、どちらも美しい肌を育むためには欠かせません。

身体の内側と外側の両方からアプローチを行うことで、健康で美しい肌を長期的に維持できます。

インナーケアで心掛けたいこと

お肌を内側から整える上で、心掛けたいポイントはいくつかあります。

バランスの良い食事

インナーケアでは、バランスのとれた食事をとることが大切です。バランスの良い食事とは「主食」「主菜」「副菜」の3つが揃った食事を指します。

さらに「汁物」を追加することでよりバランスの良い食事ができるでしょう。

これらを意識的に摂ることで、栄養バランスのとれた食生活に近づき、肌荒れなどの改善が見込めます。

家事や育児、仕事などで忙しいという方は、サプリメントなどの力を借りるのもおすすめです。

適度な運動

ストレッチや有酸素運動などの適度な運動は血行を促進します。

血の巡りが良くなることで、女性にありがちな冷えや便秘などの悩みを解消し、健康的で美しい肌を保つことができるでしょう。

普段運動をあまりしない方は、ストレッチや軽い体操から始めましょう。

特に股関節のストレッチは、下半身に新鮮な血液を循環させる効果があります。

家事の合間やお風呂上がりの数分間を利用して行うと効果的です。

少しずつ継続することで、運動の習慣化を目指しましょう。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、血糖値の管理を助けるほか、糖分や脂肪の消費を促進し、肌の老化を防ぐ効果があります。

さらに、正しい姿勢を意識して運動を行うことで、インナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝が向上するため、健康的でエネルギッシュな体づくりが期待できます。

質の良い睡眠

近年の睡眠の質は、体質や性別、年齢など個人の要因に影響されるため、”寝る時間”が重要なのではなく、”どれだけ良質な睡眠を確保できるか”が重要だとされています。

良質な睡眠をとるためには、日々同じ時間に起床し光を浴びたり、寝室の環境を整えたりすることを心がけましょう。

寝つきが悪いと感じる方は、お風呂でリラックスしながら深部体温(体内の温度)をわずかに上げてみてください。

人は深部体温が低下すると眠気を感じやすくなるため、就寝の1〜2時間前にお風呂に入ることで、スムーズに眠りに入ることができます。

熱すぎるお湯はかえって眠りを妨げるため、38〜40度のぬるめのお湯に20分ほど浸かるのが理想的です。

まとめ

ダメージを受けてしまった肌を身体の内側から改善してくれるインナーケア。

併せてスキンケアも行うことで、より健やかな肌を増進できるとされています。

インナーケアを意識した生活習慣を心がけつつ、自分にぴったりのスキンケアを探して、理想的な肌を手に入れてくださいね。

    シェアする
  • lineでシェアする
Pマーク 株式会社CloudNineは、プライバシーマーク制度に基づき、 個人情報を厳重に管理しています。

NMNサプリメント【機能性表示食品】や
健康食品・化粧品の
株式会社CloudNineのTOPへ戻る