CSR カテゴリの記事一覧

カーボンオフセットの取り組み

株式会社CloudNineでは、地球温暖化防止へ貢献するため2020年6月よりカーボンオフセット制度を導入しています。
自社活動全体におけるCO2排出量の削減へ積極的に取り組み、温室効果ガスの排出削減や吸収を実現し、「澄みわたる青い空を守る」という環境理念を推進しています。

2020年9月9日にはCloudNine初の環境対策オンラインイベント「9.9CloudNineDay」を開催し、同時視聴者が目標の999人を超えて、99本のカラマツの植樹を実施いたしました。

私たちは、この活動を会員の皆さまや愛用者の皆さまと共に実現したいとの思いから、愛用者の皆さまがNMN・乳酸菌生産物質サプリメントのRefeelas(リフィーラス)をご愛用いただくことによって、その売上の一部をカーボンオフセットの取り組みに投資することで、愛用者の皆さまも間接的にカーボンオフセットの取り組みにご参加いただける仕組みを取り入れました。

カーボンオフセットの実績

その実績は毎月、企業の社会的責任のページで更新してまいります。
まだ小さな「CloudNineの森」を皆さまと共に育て、いつの日か巨大な森に成長することを願っております。

皆さまのあらゆる会員活動が、地球のため、社会のため、未来のための貢献活動となり、澄みわたる青い空を守るサステナブルな社会(持続可能な社会)を実現していくための一歩となりますように。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

この地球の空の全てが、美しく澄みわたるように。

クラウドナインの願いを込めて、中華人民共和国内モンゴルに広がる植林地に19本のカラマツの苗木が植えられました。

深刻な干ばつに見舞われることの多い現地において、カラマツは植林にもっとも適した植物の1つ。
乾燥に強く、成長が早いのが特徴で、19本のカラマツはこれから30年間すくすくと成長し、約5トンのCO2を吸収します。

まだ、森というにはあまりにつつましい19本の小さな苗木ですが、そこには会員の皆さまの大きな想いがあふれています。

快晴プラットホームのカーボンオフセット活動の一環として、2020年6月のクラウドナイン会員の皆さまの製品購入代金の一部を寄付させていただきました。
その最初の成果が、19本の苗木なのです。

STOP! 大気汚染

STOP! 地球温暖化

社会も青空も、さわやかな快晴に包まれますように!

この19本の苗木は「クラウドナインの森」と命名されました。

さらにもっと、これから私たちの頑張りが形になって、やがて豊かで広大な森ができるでしょう。

コロナ禍の先にいつか可能になったら、現地視察旅行も計画予定。
クラウドナインの森が広がっていく様子は、これから随時報告させていただきます。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む
Pマーク 株式会社CloudNineは、プライバシーマーク制度に基づき、 個人情報を厳重に管理しています。

NMNのサプリメントなら、
健康食品・化粧品の
株式会社CloudNineのTOPへ戻る