NMNまとめコラム

いつまでも若々しい肌を保つためには、日頃からのケアが大切です。

特に年齢とともに定着しやすいシワには悩まされている方も多いでしょう。

シワには主に3種類があります。

乾燥や紫外線による影響で生じる「表皮シワ」、加齢や長期的な紫外線が原因の「真皮シワ」、表情の癖によってできる「表情ジワ」です。

今回は、これらのシワを効果的に予防する日頃のケア方法をご紹介します。

シワの種類とスキンケアの方法

表皮シワ

乾燥が原因で発生する表皮性のシワには保湿が有効です。

特に目元や口元などの皮膚が薄い部分は、小じわが生じやすいため、念入りにケアしましょう。

保湿クリームや美容液を使用する際はこすらず、肌に優しくなじませるように乗せるのがポイントです。

また、内側からの保湿も重要で、十分な水分摂取は肌のハリと潤いを保つために欠かせません。

真皮シワ

真皮性のシワは紫外線ケアが有効です。

真皮性のシワは一度できてしまうと消すことが大変難しいため、毎日のお手入れが欠かせません。

特に春から夏にかけての紫外線量が多い時期には、SPFとPA値の高い日焼け止めを選び、定期的に塗り直すよう心がけましょう。

また、日傘や帽子、サングラスを活用して直接的な日差しから肌を守るのも有効です。

表情ジワ

表情のシワは自分の表情の癖を理解し生活習慣を見直すことが有効です。

日常の表情のクセは、思わぬシワの原因となります。

特に怒りや困りの表情で額や眉間にシワを寄せる癖がある人は注意が必要です。

これらの表情を頻繁にすることで、いわゆる「表情ジワ」が定着しやすくなります。

具体的な対策方法として、日常生活では意識して表情を柔らかく保つこと、ストレス管理をしっかり行うこと等が挙げられます。

また、笑いジワは避けがたいものですが、これは幸せの証とも言えるため、ポジティブな面もあるでしょう。

まとめ

シワの予防は一朝一夕に行えるものではありません。

日々の小さな積み重ねが、いつまでも若々しく美しい肌を保つ秘訣となります。

これらのポイントを日常生活に取り入れ、年齢を重ねても若々しく、健やかな肌を維持しましょう。

    シェアする
  • lineでシェアする
Pマーク 株式会社CloudNineは、プライバシーマーク制度に基づき、 個人情報を厳重に管理しています。

NMNサプリメント【機能性表示食品】や
健康食品・化粧品の
株式会社CloudNineのTOPへ戻る