NMNまとめコラム

肌の潤いやバリア機能のカギとなる成分が「セラミド」です。

セラミドが不足すると肌荒れなど肌トラブルを起こしやすい「敏感肌」の原因となります。

この記事では、肌の必須成分セラミドの働きや重要性などについて解説します。

セラミドとは

セラミドとは、もともと人間の皮膚に存在する成分のひとつです。

皮膚内部の「角層」にある細胞の隙間を満たし、細胞同士をつなぎ止めたり、水分を保持したりしています。

セラミドの働き

本来人間の肌には、外部の刺激から肌を守る「バリア機能」が備わっています。

セラミドはこのバリア機能を維持に欠かせない成分。

十分なセラミドで満たされた皮膚はこの機能がしっかりと働いており、肌荒れのない滑らかな肌を保てるのです。

セラミドが不足するとどうなる?

本来肌の内部に存在しているセラミドは加齢とともに減少し、肌のバリア機能の低下につながります。

バリア機能が低下すると、肌は外部刺激にさらされ乾燥したり肌荒れを引き起こしたりします。

これが一般的に「敏感肌」と呼ばれる状態です。

セラミドの重要性

敏感肌になってしまうと、かゆみや痛みを伴うこともあります。

場合によっては水仕事などに支障をきたすこともあるため、状況に応じてセラミドを補うことはとても重要です。

敏感肌の改善には、セラミドをはじめアミノ酸などの保湿成分の配合されたケア製品を使用したり、皮脂成分を落としすぎない製品を使用したりしましょう。

予防として用いるのであれば、セラミド配合ドリンクなども活用してみるのもおすすめです。

まとめ

肌のバリア機能の維持に欠かせない成分がセラミド。

セラミドはもともと人間の皮膚内部に存在していますが、加齢によって減少し不足すると敏感肌の原因となります。

肌のカサカサが気になってきたら、セラミドを補うことを意識してみましょう。

    シェアする
  • lineでシェアする
Pマーク 株式会社CloudNineは、プライバシーマーク制度に基づき、 個人情報を厳重に管理しています。

NMNサプリメント【機能性表示食品】や
健康食品・化粧品の
株式会社CloudNineのTOPへ戻る