新着情報

NEWS

2020年3月31日の食薬区分改正で注目すべき成分は「テフ」、そして「NMN」

厚生労働省は昨年の2020年3月31日付で、各都道府県をはじめとする関係各所へ「食薬区分における成分本質(原材料)の取り扱いの例示」との通知を行いました。

この改正では、「エンベリア(果実)」「カイコウズ(全草)」「カンレンボク(全草)」「クジチョウ(全草)」などの植物由来物等の11の成分本質(原材料)が、「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」に加えられました。

また、「テフ(果実)」「ヒルガオ(地上部)」「ニコチンアミドリボシドクロライド(NR)」「β-ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)」の4つの成分本質(原材料)が、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」に追加されています。

中でも注目すべきはやはり「テフ」と「NMN」の2つです。
この改正により、テフとNMNに関する製品は日本国内でのさらなる展開が期待されることになりました。

テフは元々、エチオピア周辺等ごく限られた地域で食べられている穀物でしたが、現在では欧米をはじめ世界の様々な国でスーパーフードとして広まっています。
GI値が低く、グルテンフリーで栄養価が高いだけでなく、たんぱく質やミネラル・ビタミン類等も多く含んでいるのがその理由です。

日本では2016年頃より徐々に話題に上がるようになりました。
このテフを摂取する場合、食材として使用し食事の中で摂るのが基本です。
テフを使用するエチオピアの食事、クレープのような料理「インジェラ」をはじめ、他の穀物粉と混ぜて焼き菓子や揚げ物等として食べることもできます。

そしてNMNはビタミンB3郡の中に含まれるβニコチンアミドモノヌクレオチドという物質であり、もともとあらゆる生物の細胞に存在しています。
体内で自然に組成する物質ですが、加齢に伴い体内でNMNの生産能力が減退する傾向にあることから、意識的にNMNを摂取する必要があるのです。

NMNを取り入れる場合、サプリメントとして摂取する、もしくはコスメとして肌に塗る、点滴などの方法がありますが、やはり一番手軽なのはサプリメントとしての経口摂取か化粧品としての使用でしょう。

NMNに関しては近年さらに研究が進み、いろいろな事が分かってきました。
やはり今年注目される健康食品分野では、NMNがその筆頭と言っても過言ではないはずです。

特に「慶応義塾大学医学部」より発表されるプレスリリースはNMNの研究の中でもより注目を集めています。
新しい情報が随時更新されていますので、最新の研究を知りたい方は、ぜひそちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、下記期間をゴールデンウィーク休業期間とさせていただきます。

<ゴールデンウィーク休業期間>
2021年5月1日(土)〜 2021年5月5日(水)

なお、休業期間中のご注文やお問い合わせに関しましては、2021年5月6日(木)より随時出荷およびご返答させていただきます。

【ご注文受付(最終出荷)】
4月30日(金)午前中(12:00まで)に弊社銀行入金確認及びクレジット決済確認分まで当日出荷。

また、休業期間中にご注文・ご入金いただきました商品の出荷につきましては、5月6日(木)から順次対応させていただきます。

皆さまにはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

株式会社CloudNineでは、創業時より社会貢献活動の一環として様々な形で支援や寄付を行っております。
その中でも「NPO法人キッズドア」様と「一般社団法人 日本いのちの電話連盟」様は、CloudNine創業時より継続的にご支援をさせていただいている団体になります。

NPO法人キッズドア様では、⽇本国内の⼦ども⽀援に特化して、すべての⼦どもが夢や希望を持てる社会の実現に向けて活動されており、CloudNineのCSRで掲げている「子育て・教育支援」に繋がることから、継続的にご支援をさせていただいております。

将来を担う若者たちへ、私たちができることは何か。
CloudNineが「キッズドア応援クラブ」へ参加することで、日本の子どもの貧困問題解決に参加し、子どもたちの未来を支援していきたいと考えております。

 

「一般社団法人 日本いのちの電話連盟」様は、一人で悩んでいる方に寄り添い、悩みを聞き、心の支えになっていこうという活動を行っているボランティア団体の全国組織です。

一人で悩み苦しんでいる人を少しでも減らし、素敵な笑顔を増やしたい。
そのひとつの形が、日本いのちの電話連盟様への継続的なご支援につながっております。

その他にもCloudNineでは、「助け合いの心で、困っている人々に寄り添い、笑顔に変えていきたい。」との思いから、近年の未曾有の災害や困難に見舞われている方々へ、様々な活動を通じて復興支援に協力し、被害を受けられた皆さまへ積極的に支援を行ってまいりました。
そうした活動を継続して行っていくことが、CloudNineという組織の存在意義のひとつだと考えております。

私たちは社会の一員としての責務を果たすため、お客様をはじめ、エージェントとのパートナーシップを築き、一人ひとりが積極的に社会貢献活動に取り組み、人・そして社会から必要とされる企業となれるよう、引き続き様々な取り組みや支援によって企業の社会的責任を果たしてまいりたいと思います。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む
NMNとNADにまつわる研究

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は人間の体内でNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)に変化する物質です。

NADはアーサー・ハーデン氏によって1906年に発見されました。多くの生物の体内に存在している補酵素の一種で、酸化還元反応において中心的役割を果たしています。なおアーサー・ハーデン氏はイギリスの化学者であり、糖類の発酵に関する研究の業績が認められ、1926年にノーベル化学賞を受賞したことでも知られています。

2000年にはレオナルド・ガレンテ氏と今井眞一郎氏によるサーチュインに関する論文が発表されました。サーチュインという遺伝子が活性化することで健康維持に繋がる可能性があり、そしてNADこそがサーチュインに影響する物質であるというのです。

体内のNADは加齢により減少するという性質を持っています。ですがNADをそのままの形で摂取しても、細胞へ取り込まれにくいことが判明しています。そこで今井氏が着目したのが、NADの生化学的前駆体であるNMNです。

NMNというのは、生物の体内で元々作られている他、身近な食材に含まれている物質の一種でもあります。そしてNMNを食事という形で経口摂取することで、体内にて組織に移行しNADに変換されやすいことが分かっています。NMNは果物や野菜、特にアボカドや枝豆等に多く含まれているものの、加齢とともに体内での合成量が落ちることから、食事だけで必要量をカバーするのが難しくなっていくのではないかと今井氏は考えているようです。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む

株式会社CloudNineは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、プライバシーマークの付与事業者に認定されました。

プライバシーマーク制度は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会により、日本産業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

株式会社CloudNineは、従来より個人情報保護方針に則り、個人情報を安全・適切に管理するよう努めてまいりましたが、今後もプライバシーマーク認定事業者として、より一層個人情報を適切に取り扱う体制を維持し強化してまいります。
 

株式会社CloudNineの個人情報保護方針については、『個人情報保護方針』のページをご覧ください。

    シェアする
  • lineでシェアする
続きを読む
Pマーク 株式会社CloudNineは、プライバシーマーク制度に基づき、 個人情報を厳重に管理しています。

NMNのサプリメントなら、
健康食品・化粧品の
株式会社CloudNineのTOPへ戻る